FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランツーリスモ

・グランツーリスモ(ゲーム)
ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたゲームソフトのシリーズ名。企画・開発はポリフォニー・デジタル。


グランツーリスモ5の発売日がようやく確定しました

延期に延期を重ねて、もう悟りの境地にまで達しそうだったのですが、これでたぶん確定・・・だよな?

ぶっちゃけこのためにPS3を購入する気満々です。
もちろんPSPのアドホックパーティとかトルネとか、試してみたい機能もたくさんありますしね。

しかし、GTシリーズは非常に思いいれのあるタイトルです。

私が中学生だった当時。頭文字Dがアニメ化され、ドリフトが話題になったころです。
リアルな挙動で実車がお手軽に運転できた気になれるグランツーリスモは非常に魅力的でした。

嘉神氏、雛咲氏、水城氏、新宮氏等のいつものメンツで競い合うようにやりこみ、手塩にかけたマシンで勝ったり負けたりに一喜一憂してた覚えがあります。

しかし、こういうとき人間は不思議なもので、使用する車両のメーカーがカブらないようにバラけるんですよね。

例(メインに使う車両のメーカー)
新宮:マツダ
雛咲:日産
嘉神:スバル
水城:トヨタ
総帥N:外車をたくさん

そこ、「おめーがスバルじゃねーのかよ」という突っ込みはすんなよ。
当時の私はインプレッサとインテグラの区別がつかないほどの腕前だったんだぞ。

(……スバルとホンダのファンの方、ごめんなさい。あくまで当時の話です。)


そして学生なりに無い知恵しぼってセッティングを出し、最適点を模索してた新宮氏あたりを尻目に、外車の馬力にモノを言わせて

「男らしくストレートでスパーンと抜こうや(笑)」

とドヤ顔になってたような記憶がありますな。
今思い出すと、割とサイテーだな。うん。

でも、このセリフを最初に思いついた次兄ことブラザー2のセンスはさすがだと思います。
男らしいかはさておいて。


なにはともあれ、あれから10年以上が経過し、すでに実車に手を出した現在ですが、ちょっと楽しみが増えた初冬の戯言でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全ての記事を表示する

閲覧者数

プロフィール

総帥N

Author:総帥N
思いつきで行動する霊長類ヒト科の生物。

愛媛県で活動する趣味サークル「S.T.R.D」代表

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。