FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滲み出る三下オーラ

とんと日記書いてなかったので広告が出る始末。
困ったもんだ。


全般、ゲームをやるときのセリフ回しにひたすら三下っぽさが漂うことに定評がある私です。


こないだ水城氏・雛咲氏とともにPS3のガンダムバトルオペレーションをやってたときの一こま。

私は好んでスナイパーや大砲かついだ砲撃タイプを使うのですが、一緒に遊んでた水城氏のインカムから以下のように私の声が聞こえたそうで



N:そのキレイな顔をふっとばしてやる! ・・・げ、この距離で外すか、なにやってんだ俺・・・あ、グフと目があった・・・こんな戦場にいられるか! 俺は帰らせてもらうぜ!

(爆発音)

N:俺にバズーカ当てたやつは誰じゃぁぁぁ! あ、グフの人、ちょっと待ってくれないか? 話し合おう! 話せばわかる! そう、人はわかり・・・わかりあえ・・・あ、あー、あーばびゅー!

(爆発音)CPU(友軍機が撃破されました)



このあたりで水城氏が耐え切れなくなって笑い転げてました。

字面にすると三下臭が半端ないな・・・


ちなみに友人Fire君とも似たような会話してましたが


N:なんか俺のセリフ、『北斗の拳』で出てきて3ページくらいで死ぬモヒカンっぽいよね?

Fire:いや、3ページもいらんでしょ。3コマで十分です(笑)

N:検証してみよう。

  1コマ目で「ヒャッハー」言いながら登場
  2コマ目でケンシロウにどつかれる 
  3コマ目でひでぶ。

N:うん、3ページもいらねーな。



嗚呼、すばらしきかな三下の美学。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ケンシロウ…三下はいいぞ

三下を演じるのって、存外楽しいですよね(笑)。

瀕死→命乞い→体力回復→殺意むき出しで反撃

…という黄金パターンも忘れてはいけません。

勝利を収めた後は、勝った相手に「てこずらせやがって!」
と、倒れた相手に蹴りを入れてやるのが一連の流れというものです(笑)。

スタンダード

優勢になるやいなや強気になるのが三下のテンプレですな。
一連の流れに様式美があります(笑)

三下って

三下って辞書で出てくるちゃんとした言葉なんやね。
「取るに足らない者。下っ端の者」

うちの会社では同じ意味で
「こへいた」
がよくつかわれますが、こちらは辞書には載ってなく、
ローカルな造語の模様。

複数形

>ブラザー2
辞書に載ってた正規の言葉だったとは・・・。
使ってる本人も知らなかった意外な事実でござる。

「こへいた」は聞いたことないなぁ。
下っ端の複数形で「下っ端ーズ」というあだ名は聞いたことあるけど。

全ての記事を表示する

閲覧者数

プロフィール

総帥N

Author:総帥N
思いつきで行動する霊長類ヒト科の生物。

愛媛県で活動する趣味サークル「S.T.R.D」代表

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。